田舎の留年生活

田舎の看護学生。現在留年中。モラトリアム期間の過ごし方を模索しています。

みんながスッピンなら怖くない

 留年してからというものの6割方休日という感覚ではありますが、一応夏休みというものに突入しました。今月は3日しか登校していないためあまり実感が沸きません。多少の課題は出たものの去年と比べたら雀の涙です。

 

先日嬉しい出来事がありました。

以前、私が実習に行った際2週間ほど受け持たせていただいた患者さんがいたのですが、私の友達(現在2年生)が実習に行ったときに受け持った患者が同一人物だったらしく、「カヤさんは元気にしていますか?」と尋ねられたらしいのです。

初めての受け持ち実習で知識も技術も力不足で、ろくなアセスメントもできないで、唯一できたのは情報収集という名だけの雑談くらいで…もしかしたら迷惑だったかもしれない私のことを憶えていてくれたことに感謝です。

実習中は”学生さん”と呼ばれることはあっても名前を呼ばれることはなかったから、てっきり名前を憶えていないんだとばかり思っていた。だけどそうじゃなかったのね。(*^-^*)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

夏休み初日は2年生メンバーと女子会兼お泊り会を開催。成人メンバーが増えたことからお酒を飲むわ飲むわと女子会というより飲酒会に近かったような…?^^;

初めて飲むお酒ばかり並んでたけど、私はやっぱりほろ酔いが好き♡。

 

翌日は地元民なら子供のころに一度は訪れたことのある屋内遊戯施設に行きました。私も最後に行ったのが小5,6年あたりで記憶を辿るとめっちゃくちゃデッカイ公園って印象だったのに…行ってみるとけっこーショボい。

そりゃそうだ、当時は体だって小さかったし…このトンネルを走り回ってたなんて信じられないです。

 

f:id:yurm222:20170723231953j:image

 


f:id:yurm222:20170723232845j:image

 

皆さんからしたら、いい大人が子供用施設ですっぴん&パジャマではしゃいでる姿のほうが信じられないでしょうが…

この子たちとは二度と会わないと思うと自然と羞恥心も無くなるものです。

 

ちなみにこの施設の近くにアイスクリーム屋があって、遊んだあとに食べるのが鉄板でした。今は食事もできる仕様になってたけど昔はアイスだけだったような…。

 


f:id:yurm222:20170723233841j:image

 

 次は札幌旅行の予定でバス券も購入したのに肝心のバイトの休みが取れない気がしてならない。人員不足の深刻さを改めて実感しました。

 

※snowというアプリでごまかしてるけどみんなすっぴん&パジャマです(笑)

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村